plenty 鹿嶋Loop

鹿嶋LOOP 10th ANNIVERSARY & plenty presents 「dear LOOP」
に行ってきました。

※「鹿嶋LOOP」とは、plenty結成当時にライブ活動を開始した起点であり
demo音源「後悔」を収録した、メンバーにとって大切な “はじまりの場所” 。
この「鹿嶋LOOP」オープン10周年を記念し、鹿嶋LOOP & plentyコラボ企画が実現!!


車で約80キロ。

お天気も良かったのでドライブしながら。


途中、道の駅「いたこ」に寄り道しましたよ。

とんねるずの番組の‘男気じゃんけん’が行われたとかで
色んな商品のところにこんなポスターがありました(笑)

画像


トータルで128万円も買い物したらしいですよー!!

そこでアタシが買ったのは300円のバニラジェラート。

画像


これ猛烈に美味しかったので行く事があればぜひ。


少し時間があったので鹿島神宮もお参りしてきました。

画像



鹿嶋Loopは鹿島神宮からすぐのところにありました。

画像



plenty聴くとなんかたまらない気持ちになるんですよね。

全然年下の、こんな若者の心の叫びをね、

たまらない気持ちで聴いているんですよいつも。



そして今日思った事。


育った場所で観るライブがこんなにも意味を持つのかということ。

今日行って本当に良かったと思いました。


「何もないところだけど川と海に挟まれて本当に良いところなんですよ。」

「鹿嶋Loopは本当にあったかくて、今の事務所と契約する時に
 店長さんに相談したら
 『もしやってダメだったら戻ってきてまたゼロからやればいい
  ダメだったら爆笑してやる』って言われて…」


江沼くんのこの場所にある想いみたいなものがね…
たくさんは喋らなくても表情や空気から伝わりました。


最後の曲をやるって言ってから、

「なんかさぁ~ やだね  やだやだ」

とそわそわして…


終わっちゃう事を名残惜しそうにして…


「まだどこかで会いましょう サヨナラ」


と“蒼き日々”をやったのでした。


 愛せなくてさ 餓鬼みたいだろ
 甘えちゃってさ 嫌だ嫌だ
 奇麗ごとで 汚れてゆく
 何もかもが 不純&矛盾

とかね。


 朝が来るまでは 僕だけが正義。
 蒼き日々だけが続いてゆく
 今更何を怖がる?
 独りきりでもいいだろ

とかってね。

イントロの音からもう全身全霊って感じで鳴っていて。
そりゃあもう格好良かったです。


ニューアルバムもすぐです。

楽しみです。


this [初回限定盤]
headphone music label
2013-05-29
plenty

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by this [初回限定盤] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




plenty
headphone music label
2012-02-15
plenty

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by plenty の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

sattoru
2013年05月26日 17:27
地元・原点といえる場所のある幸せってあると思います。スタートであり、帰ることのできる場所…、そんな場所での凱旋(?)、そして切ない「サヨナラ」ですね。
2013年05月28日 23:34
>sattoru
本当に生まれ育ったところへの愛が深いんですね。そういう人の作る音楽が好きなんだと思うんですよ。
凱旋ライブって凄く意味があるもんなんだなぁって肌で感じました。
江沼くんは最後に「サヨナラ」って言うんですが(私が見た数本のライブでは必ずと言っていいほど)その言葉を聞くといつもなんかドキっとするんですよね。
「またね」とか「じゃあね」とか「バイバイ」とか色々使うけど「サヨナラ」ってあまり使ってなくて…でも凄く正しくて凄く綺麗な言葉だなって思います。
この日はいつも以上に切なさがありますね。

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 95

    Excerpt: plenty 鹿嶋Loop neminikki/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-10 05:26